お店の口コミで「低評価」をもらったとき、落ち込むよりも喜びましょう

口コミ広告で副収入
喜んでみよう

あなたが広告を出したとき、あるいは商品を出したとき、人からけなされたり、低い評価を受けたりすると、落ち込みます。では落ち込まないためにどうすればよいのでしょう?私はこういった評価ほど喜ぶのです。と言いますのも改良する部分が見つかったからです、どこかはわかりませんけれど、

稲田防衛大臣が靖国参拝したからと言って騒ぐメディアと広告の関係

口コミ広告で副収入
kuni

稲田防衛大臣が靖国神社を参拝したら、メディアがこぞってわーわー騒ぎます。すると他国も騒ぎ始める。まるで「メディアが特別な意味」を持たせようと躍起になっています。ここから「広告」について学べる部分があります。一つの宣伝に対し、わーわーいう存在が必要です

流行語大賞に「日本死ね」は物議をかもしたけれど、広告として

口コミ広告で副収入

流行語大賞で日本史根が選ばれました。いろいろ裏を探ると「ああ、こういうことなのね」とわかります。ところで広告を出す場合、相手に不快を与えたらピンチです。といっても「死ね、あほ、馬鹿」といった、人を見下す言葉を使わなければ大丈夫です。でもいるのですよねえ。

オスプレイが海に不時着し、メディアは大きく載せました

口コミ広告で副収入
g4tg4

オスプレイが不時着しました。メディアはここぞとばかりにトップ一面に載せています。オスプレイは単なる輸送機です。そこにメディアがいろいろな視点で書くと、いつの間にか「怖い乗り物」とみなしてしまう。情報は単なる手段に感情を入れることで、化け物へ帰るのだから怖い。これを広告の視点で見ると

広告を出して売れなかったからと言って、嘆く必要はありませんよ

成功の法則,引き寄せの法則,効果
もう駄目

広告を出したけれど、反応がなかった。死にたい。という気持ちにならなくていいです。広告を出したとき、考えるべきポイントが二つあります。そこを考慮しなければ、見直すべきことですが、二つのポイントを見たうえで、広告を出していけば、次回の反応率は少し上がっていくでしょう。なお、プロは

蓮舫民進党代表の「息をするように嘘をつく総理大臣」発言から

口コミ広告で副収入
gerb r bnte

蓮舫民進党代表が安倍総理におっしゃった。「息を吐くように嘘をつく」。すると視聴者から「お前が言うな」突っ込まれました。一度信用を失うと、仮に正論をはいても「いや、あんたが言うセリフじゃないよね」突っ込まれて、悪い口コミとなります。商売をしているなら、悪い広告は致命傷です。それも自ら招く災いは。

ページの先頭へ