プラセンタを摂取する際、注射という方法があります。
サプリメントで、と言う方もいれば、プラセンタなら注射でしょ!ということでプラセンタ注射もメジャーなようです。
それではどのような効果があるのでしょう。

■ プラセンタ注射

直接腕などに注射することで、プラセンタを取り入れます。
毎週行うので、針の痛みがデメリットかな?

取り入れた際、次の効果を得るのです。


スポンサードリンク


● 体に

眼精疲労や肩こり、冷え性、生理不順、湿疹、胃腸炎など。

● 心

ノイローゼやうつ、不眠症など

● 美容

ニキビやシワ、肌荒れや乾燥肌など。

■ プラセンタについて

プラセンタは人間の胎盤でなく、豚や馬の胎盤細胞を使っているところが多い。
でも、これを直接打ち込むのでなく、きちんと化学処理をして、安全になって初めて打たれます。
感染症は今のところ、海外でたった1件の報告がある程度。

■ 効果持続期間

プラセンタを直接注射すると、大体3日ほど効果を持続します。
だんだん体が良くなっていくと、週一、人によっては月一です。

■ 費用は?

平均2000円未満。比較的お安い値段でプラセンタ注入ができます。
もちろん、注射を扱っている場所はクリニックです。
直接行くのも良いのですが、まずはきちんと連絡を入れること。
連絡して、電話で色々質問することによって、不安も消えていくでしょう。

■ 副作用は?

プラセンタを注射した際、献血ができなくなります。
また、プラセンタは体の改善を一気に行うため、アレルギーが起きやすい。
(アレルギーはウイルスを急いで追い出すために起きる症状)
注射した場所が赤く腫れ、熱を持ってしまうこともあるのです。

■ まとめ

プラセンタを注射する際、気をつけることはアレルギーです。
注射はクリニックで扱っているので、まずはお住まいの近くを探すこと。
その後、電話して説明をきちんと聞きながら、受けること。