プラセンタは更年期対策に有効でしょうか?
今からお話をしていきますね。

プラセンタはサプリメントや注射として、様々に効果がうたわれていますが、実際に摂ってみると、驚くほどに実感できますよ。
管理人のサロンでも、プラセンタのサプリは人気の商品だったりします。

 

■ プラセンタの働き

・眼精疲労や肩こり、冷え性、生理不順、湿疹、胃腸炎といった体の不調を整え
・ノイローゼやうつ、不眠症などの心身疲労を回復
・ニキビやシワ、肌荒れや乾燥肌といった、お肌の調子を整える

■ 更年期特有の症状

・急にイライラし、倦怠感が襲う
・顔面がかあっと熱くなり、ホットフラッシュ現象が起きる
・息切れや動機が激しい

といった、症状を起こします。


スポンサードリンク


更年期障害は主に45歳から55歳の女性が必ずかかる病気です。
病気というよりは、閉経に伴うホルモン的なものなので症状と言った方がよいかもですが、症状は軽い人もいれば、重たい人もいる。
原因は月経が終わるからです。

生理はホルモンバランスが関わっています。
月経になるとバランスが乱れやすくなるのですね。
それで精神が不安担っていくのです。

■ どんな効果を得るの?

プラセンタを体内に入れることにより、ホルモンバランスの安定化を目指します。
すると、イラツキを抑えつつ、バランスの乱れによって生じる体の不調を整えてくれるのです。

注射を打つ場合、一度打つと2日ほど持ってくれます。
ただ、効果が切れるたびに注射を打つ必要があり、体に対する痛みが押し寄せますね。

一方、サプリメントで摂取する場合、毎日取らなければなりません。
注射に比べて効果を持続する時間は短い。

■ 更年期の治療法

プラセンタを摂取することで、更年期治療に役立つことができます。
ただし、プラセンタは更年期治療を補助するものです。
一般的に症状を治す場合、ホルモン剤や漢方薬の服用があります。

他にストレス対策として、運動を心がけます。
また、サークルや病院などを通して、同じ症状を抱える方都の交流。
誰かとお話すると、基本、ストレスが和らぎます。

更年期障害は10年かけて徐々に体を慣れさせていくため、早く回復させようと思わないこと。

■ まとめ

更年期障害において、プラセンタは緩和剤として役に立ちます。
ただ、障害は時間をかけるので、体調に気をつけてくださいね。