私は仕事の関係で、沢山の人とお話をしています。
人様の悩みを聞いて、答えてあげる仕事をしています。

この中で、いくらアドバイスをしても変わらない人がいるのです。
はじめに断っておきますが、アドバイスを貰う人はみな、変わりたいのです。
でも、変われない。

ここを追求しますので、ぜひこの3つに自分が当てはまっているかどうか?
検討をしてみてくださいね。


1 自分に挑むのが怖い

幽霊

人は誰もが理想を持っています。
理想の自分に限りなく近づくために、努力を行います。
もちろん、理想の自分はそう簡単になれません。

試行錯誤や改良を行い、徐々に近づいていくのです。
これは私も同じです。

その中で、試行錯誤しているうちに
「ああ、もしかしたら私はダメかもしれない」
自分で自分を決めつけてしまい、引きこもってしまうのです。

これは不幸そのものです。
失敗した時、余計なことを考えてしまうのが問題です。
だからこそ、まずは冷静に物事を見る癖をつけましょう。
(そのために学習をおすすめします)

2 倫理に反する行動を取る

手錠

人間はどんな行為も自由です。自由だからこそ、自分で良いこと悪いことを決めねばなりません。
で、悪いことの大半は人を不幸にさせるものです。
不幸になるパターンの多くは自己中心的な考え方です。
自分は何をしても無駄でどうしようもない。被害者感情にいると、なりやすいのです。

一刻も早く、自分を被害者かつ不幸のヒロイン扱いから卒業しましょう。

3 他人を攻撃する

戦争

この世の主人公は今、ここを読んでいるあなた自身です。
そのあなたが他人を妬み、恨み、攻撃するとき、
残念ながらすでに不幸な状態でいるのです。

確かに騙されたりバカにされて、憎しみを抱く気持ちはわかります。
私もその塊でしたから。
でも、憎しみを卒業するには自分が今、何をすべきか?

自分がこの世で何をしたいか、生きる理由を見つけなければなりません。
そして生きる理由は純粋なものじゃないと、すぐ足を引っ張られてしまい……
不幸の道に戻ってしまうのです。

 まとめ

結局、不幸は自分の生き方が作っていると言えます。
わかっているけれど、やめられない時に初めて、自分の中にある「甘さ」を認識して欲しいのです。
甘さを捨てるには自問自答しか無いと考えています。

自問自答をして自分の生き方に覚悟と責任を持つと、
不幸は一気に「成長するために必要な素材」と考えなおすようになります。

他人をみて「あの人は不幸だな」と感じた場合、同情してあげましょう。
ただし、深く介入しないこと。