ジュネルは市販のコスメショップで売られているネイルチップとどう違うのでしょう?
まず、ジュネルの特徴を上げていきます。

ジュネルの特徴

・ハードケースがついて持ち運びしやすい
・いつどこでも、短時間で装着が可能

市販のジェルネイルは接着剤や両面テープでつけます。
ただ、はがれやすく、落しやすい(紛失すると出費がかさむ)面があります。

一方、ジュネルはコネクターという接着方法を開発しました。
接着力が強く、簡単に取り外しができるため、時間や場所を選ぶことなくつけることができます。
(アクセサリーみたいに簡単につけることができる^^ と、評判なんですよ)

プロが気合をこめている

・プロのネイリストが心を込めて作っている
・ネイルチップを自分で選べる

市販のネイルチップのほとんどは工場製品です。
それも別に悪くはありません。

しかし、ジュネルは一つ一つがプロのネイリストによって作られたもの。
そこに職人としての魂を感じます。

(人が心を込めて作ったものはオーラを感じます。
オーラって移ると、やる気ない人にやる気をもたらすエネルギーがあります。
分かりやすく言うと、エネルギッシュな人とお話をすると、自分もそうなってしまう……
それに近いものが、ジュネルに込められているわけです。
もちろん、科学的根拠はないため、冗談で受け流してかまいません)

それを自分で選ぶことができます。
もちろん、ここは他のジェルネイルもできるます。
しかし、気に入ったものがあった場合、プロのネイリストに頼むと、作ってもらえます。
自分だけのジェルネイルが手に入る。これが一番の違いではないでしょうか。

折れにくい、はがれにくい

・折れにくく、割れにくい

市販のジェルネイルは最初は大丈夫だろうと思っていても、つけているうちに割れやすくなります。
しかも折れやすいので、そのたびに買い替える必要があります。

しかし、ジュネルはジェルネイルほどではありませんが、折れにくい、割れにくい特徴を持っています。
長持ちさせたいなあ~と考えているなら、ジュネルをつけたほうがいいでしょう。

大きく分けて、ここらが市販のジェルネイルと違うところです。
自分だけのジェルネイルがほしい……と感じた場合。
また、市販のものだとはがれやすくて面倒だなあと感じたら、ジュネルを試してみるといいですよ。