大手ゲームメーカーのコナミが迷走しています。
利益ガタ落ち、ヒット間違いなしの商品も販売中止。
やってほしくないパチプロ化……。

コナミに関し、あまりよい言葉を聞きません。
と、なぜゲーム会社のお話をしたかといいますと、「愛情」に気付かされるからです。

 


スポンサードリンク


社長はゲームが嫌い

コナミ

「ゲームに対するイメージが良くなく、子供にも自分の職業が言えなかった」

コナミの社長はゲームが嫌いという考えを持っています。
今いる会社を愛せないが故に、人気クリエーターが次々と退社、リストラ……
業績が良くない方向に向かっているとのことです。

 

なぜ嫌いなものを受け付けるのか?

私としては「会社を誰かに譲ってやめればいいじゃないか」
思ってしまいます。

職業選択の自由があるので、やめるならやめて他の職場にいけばいい。
ご自身が誇りと思える職業につけば良いと思っています。
それができないのは、やはり目の前の給与や報酬が美味しいからでしょう。

嫌いなのに報酬にちらつかされ、とどまっている。
結果、大切なものがどんどん離れていっているなあと感じます。

 

自分を愛せますか?

これはコナミの社長だけのお話ではありません。
むしろ私達に深く関わる問題なのです。

それは「愛する」ということ。
あなたはどうでしょう?

友達を、パートナーを、子供を、そして自分自身を愛しているでしょうか?
愛するという言葉を言うこと自体が難しいという方。まずは心のなかで言ってみてください。

その後、紙にかいてみてください。
最後に自分の言葉で「愛しています」ということ。

人間、自分を愛することができないから怠惰な人生を送ります。
自分を愛せないから他人の人生にのめり込み、嫉妬します。
全ては自分の全てを愛することができないから。

ダメなところも良い所も全てです。
ダメなところはきちんと自分で叱責し、良い所は大げさに褒める。
すると、自分自身に味方が突くような感じになるのです。

 

 終わりに

愛する……キリスト教でよく聞く言葉です。
愛するって言葉で簡単に言えるからこそ、行動に移すときは難しい。
簡単な言葉ほど、実行にためらいがちになります。

いいところも悪いところも受け入れ、愛するようにしてください。
必ず自分の心や体があなた自身を良い方向に導くと確信します。