胎盤細胞ことプラセンタを深く見ていきます。

プラセンタとは?

プラセンタとは胎盤細胞を意味します。
胎盤細胞というと、怖いイメージを持ちません?

私は初めてこの言葉を知った時、
「赤ちゃんから細胞を取るのか? 非人道的じゃないか」
思ったものです。

しかし、胎盤から有効成分を取り出したエキスがプラセンタです。
赤ちゃんや女性の妊婦を阻害するようなものじゃなかったんですね。

プラセンタの語源を調べると、古代ローマ人がパン代わりに食べていたお菓子。
そレが女性の胎盤とにていいたから、名前を付けられたと述べています。

プラセンタの歴史

古代からプラセンタは美容に良いということがわかっていました。
(どういう手段で美容に良いと知ったのかは謎)

歴代の美女はもちろん、医学で有名なヒポクラテスもプラセンタを使って治療を行っていました。
(プラセンタは兵士が戦で負傷した場合、傷を癒やすために用いられた)

プラセンタの役割

プラセンタは新しい細胞を作る役目を持っています。
歴史でお話をした「怪我の治療」。

大怪我した際、お肌の細胞が分裂を始めることにより、傷口を塞ぎます。
美容においても同じで、シミや肌荒れでくすんでしまった細胞を入れ替える。
代謝を促すことにより、きれいなお肌になっていくのです。

プラセンタサプリやドリンク

プラセンタ成分を含んでいるベルタ酵素。
ダイエットドリンクとして分類されます。
こちらを1ヶ月以上飲むことにより、次の口コミがありました。

「肌の調子がよくなった気がします」

なぜお肌の調子が良くなったのか。
1つは体から毒素や老廃物が抜けたためです。
そしてもう1つがプラセンタ効果。

すなわち、胎盤細胞の働きによってお肌の調子を取り戻したのです。
(もちろん、大きな鍵は生活習慣です。
普段の生活態度を改めることにより、効果はより大きくなります)

まとめ

・プラセンタは胎盤細胞
・古代ローマで扱われていた
・役割は美容、怪我治療

以上、プラセンタの説明についてお話をしました。