秋の季節

残暑が厳しくなる季節に近づいていきます。
秋は食べ物がおいしく、芸術やスポーツ勉強お仕事そのほか……

しかし、おいしいものに気を取られていると太りやすくなってしまうのです。
一度太ってしまうと、冬になったとき痩せるのが大変です。
そこで冬に困らぬよう、秋の季節をどう送ったらよいか?
ヒントについて書いていきます。


スポンサードリンク


気持ちで負けない

秋の季節……「寂しいなあ」と感じたことはありませんか?
私は家族もいるしお話しできる人もいます。
それなのに「寂しい」と感じるのです。

百人一首でも秋の寂しさを歌っている方がいるくらいです。

寂しさからつい、口に食べ物を入れてしまい太ってしまう……
気持ちを引き締めておくことで、甘いものを抑えることができます。

痩せる体質を毎日作る

痩せる体質といっても、食べ過ぎない生活を送る。
ダイエット生活を常に送る気持ちで取り組むこと。
1日くらいなら食べ過ぎてもよいかなと個人的ン思っています。

食べ過ぎないのもストレスがたまるものですから。
私は昼ご飯を食べたら少しだけお菓子をつまんでおしまいです。
間食は一切取りません。

夜7時あたりに夕食を取ったら、夜食は取らずに寝ます。
朝食は酵素ドリンクで終わりです。
後は代謝を高めるプラセンタサプリを飲んでおります。

⇒ エステサロンの無料ダイエットモニター 詳細・申込はこちら

ゆっくり噛む

最後はゆっくり食べ物をかむこと。
おいしいものは得てして早く食べてしまいがちです。
だからこそゆっくり味をかみしめてかむこと。

きちんと噛むことで、唾液が働いて虫歯予防になります。
もちろん、虫歯予防以外に満腹中枢が刺激を受けるのです。
早く食べて飲み込んでしまうと、満腹中枢の働きが遅くなります。

よって最低でも30回ほど食事をかみましょう。
奥歯でゆっくり噛むだけでも、痩せていくのです。

終わりに

秋になると、冬へのたくわえとして太りやすい傾向となります。
だから食べ物もおいしくなって、どんどん食べてしまいます。
しかし、食べるものがお菓子など、体を増やすものなら太るだけではありません。
体の冷えから色々な症状を引き起こしてしまいます。

だからこそ、秋の季節ほどダイエットを心がけていきましょう。

⇒ エステサロンの無料ダイエットモニター 詳細・申込はこちら