星

人は魅力を付けるかどうかで生き方がわかれます。
誰しも何かしらの魅力を持っていますが、気づかないと辛いいもの。
気づいても自覚できないと、もっと辛いもの。

魅力を自覚して生きると、体が健康になるんだよ。
私の先生に当たる人が述べていました。

今から魅力について検証していきたいと思います。

 


スポンサードリンク


魅力は自信がないもの

魅力を付けるには自分にとって好きなものを堂々と語ることです。
好きなものがない場合、適当に一つ決めます。

例えば自分の好きなものがアニメ鑑賞なら、徹底的にアニメを見る。
アニメを見てスタッフが仕掛けた細かい配慮に目を配る。
そしてコミュニティで細かい部分を語る。

すると「こいつよく知っているなあ」
関心が集まり、いつの間にか魅力になっていくのです。

ただ、自分で語るときになかなか自信を持てないのですね。
「反論が来たらどうしよう」「馬鹿にされたらどうしよう」
余計なことを考えてしまい、つい引っ込んでしまうのです。

 

魅力を付けるコツ

魅力を付けるコツとして、まずは外側から変えていきます。
笑顔を作り、顔につやを出していくのです。

笑いは何もなくても「がはは」と鏡に向かって笑ってみること。
もちろん、誰もいないところでやること。
何しろ一人で思い出し笑いをする感覚なので、
「気持ち悪い」と周りが引いてしまう恐れがあるのです。

次に言葉。独り言を言うときは
「ありがとう、愛している」をつぶやくこと。
普段何も考えないときほどやってみるとよいです。

また、仕事に集中したい時も
「ありがとう。愛している」をつぶやくとさらによろしい。

 

 熱く語れ

魅力を発信する場合、自分がこだわっているものを熱く語りましょう。
周りはドン引きするでしょう。しかし、一部の人は賛同します。
一部の人を引き付けるもの。それが魅力です。

みんなを引き付けることよりもまずは一部の人を引き付ける。
そのためには自分にとってこだわっているものを熱く語ること。
何もないなあ~と思ったら、今自分が取り組んでいるお仕事や勉強。
これらを熱く語れるようになるとよいと考えています。

お仕事なら熱く語れば語るほど、賛同者も増えてきますからね。
何より「やりたいこと、達成したいこと」を明確にできる機会です。

明確になったらそこに向かって突っ走ること。
難しい事はありません。

 

魅力は覚悟が必要

最後に魅力をもって人気者になる場合、覚悟が必要です。
熱く語る部分において、周りがドン引きするということを書きました。
人によってはあなたが語る言葉に対し、
「こいつは危険な考えを持っているのでは」疑ってしまうのです。

例えばアニメの魅力を語る人に対し、同じアニメを見ている人は「うんうん」
しかし、アニメを見ていない人は「いい年していつまではまっているの」

人によって考え方や度量は違います。
それを割り切ったうえで、「そうだよね、アニメ面白いよね」
賛同者を増やすため、アニメを細かく見つめ、観察し、語ること。

アニメは一つの例です。仕事や勉強、コスメその他に置き換えてもよい。
まずは何か一つ、熱く語れるようなものを持ってみましょう。

熱く語ると気合が入り、それが若返る秘訣になるのです。