お金

私たちにとって経済は重要です。
その際、お金があればよいのに……思ってしまいます。
「もっとお金があれば好きなことができる」
「もっとお金があれば、生活の質が上がる」

しかし、現実は下がっていくばかりです。
原因はいったいなんでしょう?
お金がない、入っているのになかなかたまらない。

こういう時、どうしたらよいのでしょう?

 


スポンサードリンク


お金ってそもそも何だろう?

お金は経済学によると「価値との交換手段」です。
また、お金そのものも時間とともに質が変わります。

例えば100円払って今までお菓子を購入できた。
数日後、108円払わないとお菓子が手に入らない。

お菓子は同じものなのに、お金が変動しているのです。
お金は使うことで効果を発揮します。

現在1万円で購入できる商品が、将来だと8000円で手に入るかもしれない。
あるいは1万2千円と、余分にお金を払わないと商品が手に入らない。
商品は同じなのに、取引価格は変わってしまう。

ここはきちんと覚えておくこと。

 

お金を貯める前に使うことを学ぶ

お金は使って効果を発揮します。
貯めることも「将来使う」ために保存します。
将来使うことも考えず、ただ貯めるだけでは意味ありません。
お金がないのと一緒です。

問題は「どこに使うか」です。
CMなどを見渡せば、お金を快く使っていただこう。
と、いろんな取引が仕掛けられております。

購入するとき、「なぜ購入するのか?」
きちんと考えてからお金を払うこと。

考えて購入することで、「取引した商品価値」がわかります。
商品はサービスにも置き換え可能です。
考えることにより、「自分にとって必要なものは何か?」
を見直す機会となります。

自分にとって役立つ使い方を考えることで、無駄を省けると考えています。

 

ポイントカードをうまく使う

最後にポイントカードなどをうまく使うこと。
ポイントカードをうまく使うと、お金の節約になります。

飛行機に乗るならマイルを貯めることを意識する。
本を購入するならポイントカードで割り引いてもらう。
登録し、少しでも現金の使用を減らしてみてはいかがでしょう。

 

終わりに

おか値を使うとき、まずは考えること。
「どうしてこれに使うのか?」
きちんと考えたうえで使用し、成長してください。