石油と京都大学

科学技術の話題として、京都大学で水と炭酸ガスから石油を合成したとのこと。
水の量が相対的に減って、石油が増えることにより、費用が浮く。
また、海外との輸入も減るんじゃないかと考えている人もいるそうです。

これはどんな意味をもたらすか?

 

 技術革新は行動範囲の拡大につながる

技術が実用化されると、人間の生き方も必ず変わります。
電車が生まれると、歩かなくても乗るだけで目的地へ着く。
飛行機が生まれると、地形に関係なく空を使って真っすぐいける。

すると時間が浮いて、人の行動範囲も広がります。
輸送移動に関する費用が安くなると、多くの人にとって行動範囲が広がる。
結果として、観光が生まれ、文化も栄えるようになります。

他国からお客様が商品を購入するため、経済も潤っていきますね。

 

技術は情報も含む

技術は何も科学だけではありません。
精神世界においても、ある人が特別な思想を生み出した。
すると思想を通してさらに現代社会を考えるようになる。
結果、周りの人とは違った見方ができるようになります。

世の中は「気づく」かどうかで勝負が決まる分野もあるのです。
多くの人が「気づく」ようになると、今までのやり方が通用しなくなります。

良い例として詐欺です。
詐欺は形を変えて騙される人が多い反面、情報を知って防衛する人も多い。
詐欺に関する情報を知らない場合、だまされやすい。

しかし、サギからお金を守る情報をテレビや雑誌などで知る。
そこに「どうしたら詐欺に引っかからずに済むか?」
考えることで、ある程度詐欺からお金を守ることができます。

 

石油はどう変える?

京大が石油を作ったことで、今後どう変わるのでしょうか?
まず石油の値段が安くなると思われます。
また、国際関係も微妙に変わってくるでしょう。

石油技術が実用化できれば、輸入量を減らして自国生産するから。
すると、取引国はどのような対策をとるか?
石油で潤っていた人たちはどのような行動に出るか?

色々な方向から見つめることで、対応策がとれるようになります。
ぜひ考えてみましょう。