「自分のお肌に自信がない」
と、答える人は多いです。

肌だけでなく、自分自身に自信がないから言ってしまうのです。
気を悪くしないでください。
何しろ自分自身に自信を持つために何をすべきかお話していきますので。


スポンサードリンク


■ なぜ自信がなくなったのか?

知恵袋などを見ますと

・中学時代にニキビが出来、肌が真っ黒になるほど汚れた
・ほうれい線やしわに嫌悪感を持った
・周りはみんなお肌がきれいなのに、自分だけ黒ずんで汚い

そして
・お肌を見られたくないから、人とお話すら出来ない
・好きな人から「肌汚い」と言われるのが怖い

■ お肌に自信を持つには?

1 生活習慣を変える

お肌は生活に直結します。
お肌が汚いということは、生活に置いて何らかの間違いがあるのです。
例えば夜更かしが多いと、お肌が綺麗になろうと働きません。
食事も偏ってばかりだと、本来欲すべき栄養成分がなく、質が悪くなります。

他にもストレスをかけて自律神経のバランスを見だすと、お肌によい成分が働きにくくなります。
だからこそ、少しずつ生活習慣を見直していくこと。

食事は多く摂るよりは野菜を中心にとったほうが良いです。
(※ ご参考までに優光泉があります。
九州産の野菜を中心に多数の野菜エキスを凝縮しています。
腹持ちがとても良く、ダイエットにも適しています
⇒ 優光泉のページヘ

もう一つ、ベルタ酵素があります。こちらはプラセンタを含んでいます。
プラセンタは胎盤細胞で、細胞同士の結びつきを強めます。
結果、シワやシミといったものを予防し、代謝も上がるので、お肌の調子が上がります。
ただ、時間はかかります。最低90日は試すこと)

2 肌をみずみずしくさせる

お肌をみずみずしくさせる工夫を行います。
例えばお風呂では石鹸を使って体をゴシゴシこすらない。
皮脂の汚れは40度ほどのお湯につかること10分程度で取ることが出来ます。

石鹸で体を洗うときは、石けんを泡立てて、泡を体に塗ること。
これで十分汚れは落ちますよ。

乾燥肌が気になる場合はこの後、みんなの肌潤糖を使うこと。
肌潤糖は砂糖を含んだ化粧成分を含み、肌のみずみずしさを保ちます。
90日使うことで、お肌体質が生まれ変わり、みずみずしくなっていきますよ。
⇒ プラセンタ化粧品 口コミ

3サプリメントを利用する

お肌が良くなるサプリを利用して、お肌虹心を保つ方法があります。
例えばプラセンタ。プラセンタサプリを3ヶ月以上飲み続けることにより、
お肌の調子を整え、回復してくれるのです。

(プラセンタはサプリより直接注射を打ったほうが効果があると言われています。
でも、定期的に打たなければ意味が無いし、献血ができなくなる、などのデメリットもありますよ)

■ 紙に良いことを書く

自分に自信をつける方法として、自分が良いなと感じることを紙に書く。
悪いことも書いて、書いたものはすぐ捨てる。
良いことを必ず書いて、言葉に出して言う。

自分に自信をつける方法は自分を洗脳させることにほかなりません。
自己暗示といったほうが良いでしょうか。
自己暗示をする方法として、自分に取って「心から良い言葉」を紙に書いて声に出す。
これは習慣がものを言います。だから毎晩寝る前に行うこと。

さぼっても自分を苦しめてはなりませんよ。

■ まとめ

・生活習慣を整える
・お肌をみずみずしくさせる
・思ったことを紙に書く

これらを毎日行うことで、徐々に自分のお肌や生き方に自信がつきます。
今すぐやってみてくださいね。