普段、どれだけ健康かrにを行っても、ふとした機会で体調が悪くなってしまうことがあります。
その時、どうすれば良いのかお話をしていきます。

■ 運動する

運動は歩きまわることや家の中で腹筋背筋、腕立て伏せなどを行う。
汗を流して新陳代謝を上げる。
体力が落ちた時、まっさきに体を動かして少しでも熱を出すことです。

■ 体を温める食事

たとえばしょうがをすりおろした味噌汁を飲む。
にんにくを入れた緑茶を飲む。
にんにくやしょうがは滋養強壮に効果があります。

他にプラセンタサプリや酵素ドリンクを飲んで休養を取ると良いでしょう。
プラセンタサプリは代謝を上げる効果があります。
酵素ドリンクは種類によりますが、野菜の酵素による働きで体力を上げてくれるのです。

参考:優光泉酵素

■ なるべく午前0時前にねる

睡眠は寝る時間が大切です。
まず、午前0時になる前に寝ること。
どうも午前0時を超えたあたりから体が痒くなったり、寒くなったりします。

調べたところ、色々わかったことがあるのです。

1 がん細胞

がん細胞が増える時間帯は午前0時から午前4時における過ごし方。
この時間、きちんと布団に潜ることで、がん細胞を抑えることができます。
反対にこの時間置きっぱなしだと、細胞が活発になり、がんになるリスクが高まるとのこと。

2 レム睡眠

午前0時前に布団に入ることで、深い眠りのノンレム睡眠になります。
その後浅い眠りのレム睡眠に代わり、きちんと疲れが取れるのです。
この2つの睡眠がどちらかかけると、あまり疲れが取れないと言われています。

■ 耐える

最後は我慢することです。免疫力が低下している時、ますます低下させようと体が働きます。
例えば私の場合、かゆみがおしよせてくるのです。
そこを我慢できないと、体をかいてしまい、ますますお肌を傷つけてしまうのです。

なるべくグッと我慢するコツとして、安易に手を出さないこと。
体が寒い場合は少しでも温めること。
今できることをやっておきましょう。

■ 終わりに

体力を普段から落とさぬよう、体調管理に気をつけてくださいね。