生きていく以上、仕事は欠かせません。

仕事を通してお給料を得て、生活をしていくのです。

しかし、仕事をしてお給料を得ていくと、だんだん気持ちが辛くなるときがあります。

つまり仕事のやる気が失せていくのですね。

そこで仕事のやる気を出すために必要な考えを書いていきますね。

 


スポンサードリンク


 

 

仕事の目的を見つける

 

人は目的があると頑張れます。

仕事でただお金を得るという考え方よりも、別の目的を探す。

お金を得ることは大切です。これがないとボランティアになります。

また、仕事が日々同じことの繰り返しになると、マンネリになります。

マンネリになると、ただやらされている感が強くなり、つまらなくなる。

ついにやる気がなくなるのです。

そこで仕事の目的を見つけます。自主的に動くためです。

仕事の目的を見つける方法は自問自答を繰り返すこと。

時間を設けて自分にひたすら問いかけてみてください。

たいていやる気がなくなるのは仕事をする意味が見いだせなくなるからです。

 

人間関係の問題

次に人間関係が嫌。

虐める人がいるなど、自分にとって嫌な人間が現れるときです。

このとき自分を振り返ります。

嫌と感じている理由は自分の中にあります。

嫌と感じる部分はまさに自分の弱さが表れている。

気持ちとして乗り越えたい部分があるのです。

だからこそ自分の中にある心の弱さを見つけること。

見つけたらきちんと向き合って対処すること。

相手の行動を見て嫌と思うとき、何かしらの理由があるのです。

 

勉強するとより仕事にやる気が出る

仕事のやる気を引き出す際、仕事にまつわる勉強をするとよいです。

あるいは仕事に関係ない分野を勉強すると、知恵がつきます。

すると、今までミスごつぃていたことに気づきやすくなります。

気づいたときこそ、仕事にやる気を感じる機会です。

やる気が出て面白くなる時はたいてい、些細な変化に気づいたときです。

些細な変化に気づくためには日々、データを取る必要があります。

仕事をする際、どういうことを述べたら叱られたか。

どういうことをやったらお客様から喜んでもらったか?

ここらをきちんと反省し、データを取るのです。

 

終わりに

やる気が出ないと思うとき、最後に一つ注意があります。

周りから見るとやる気が出ているのに、自分で決めつける場合です。

自分で「やる気がない」と思う場合、思い込みの可能性も高い。

また、自分にかける言葉は自己暗示である場合も多い。

気を付けてくださいね。