ゼリー

プラセンタは代謝を上げる効果があります。
子供のころは活発に動くだけで代謝は自然と上がっていた。
けれど、大人になるとだんだん自分で代謝を行わなくなります。

そこで、代謝促進を行ってくれるプラセンタ。
20代の服用者がいます。彼らは「老化」を恐怖ととらえているようです。
ちょっと注意が必要です。

 

 プラセンタは確かに老化を防ぐ

プラセンタを服用すると、確かに老化を防ぐ役割を持ちます。
しかし、最も注意すべきことはプラセンタでなく日々の生活習慣です。

プラセンタを服用したまま、若いときの暴飲暴食といった生活を送る。
ま、体にとってあまりよろしくない生活を送ることですね。
すると、だんだん見えないところで老化につながっていくのです。

老化は気づいたときに現れるのではありません。
気づかないときにすでに始まっているのです。
そして気づかないときというのは「普段、どんな生活を送っているか」です。

特に体に対して無理をかけすぎると、老化は早まりやすい。
プラセンタで代謝促進するから、少しは無理しても大丈夫だ。
という甘えが出てしまいますが、普段の生活は必ず気を付けること。

 

老化は怖くない

後もう一つ。若い人の中には「老化」を恐れている人がいます。
確かに老化すると、今まで動いていた部分が動かなくなり、苦痛を感じます。
しかし老化することによって自分にもできる部分とできない部分が出てくる。

すると、そこから新しい気づきや足りないことに気づく機会でもあります。
老化は悪い面ばかりでもなく、老化になったからこそ気づく良い面もあるのです。

だから、老化に対して必要以上に恐れないでください。
老化を恐れるというのは、見えないお化けに常におびえているのと同じです。
ストレスがたまり、老化を促進する嫌な結果となります。

 

終わりに

老化は年を取ると怖いと感じます。
でも怖いという気持ちそのものが「気持ちの老化」であります。
病は気からということわざがあるように、まず気持ちで老化に負けないようにしてください。