小林幸子さんが2015年の紅白に復活するそうですね。

ものすごい衣装で紅白の最後を飾るのが定番になっていたため、「ラスボス」の愛称が付いていたほどでしたね。
「ラスボス」というのは、ゲームでいうところの最後のボスのこと。そのラストのボスを省略して「ラスボス」と言うんですね。

 

たいていは強そうなキャラクターにど派手な演出が画面内で行われますから、まさしく、紅白のラスボスみたいな愛称が付いたんだと思います。

で、ラスボスの豪華な衣装もしばらく続くと飽きが来ることから、紅白離れを防ぐためにも新しい試みを取り入れよう、と小林幸子さんは紅白に出場しなくなったんだと思っていました。

 

 


スポンサードリンク


ところが、そこは芸能界、大人の世界と言いますか、小林幸子さんと小林幸子さんの事務所でトラブルがあったというんですね。

でも、この事務所自体も小林幸子さんが設立したものなんですが・・・そのスタッフとの内紛ですね。

真相のほどはわかりませんが、2人のスタッフがかなりお金をごまかしていて、小林幸子さんと揉めた。

で、辞めたスタッフ二人が有力な事務所に助けを求めたんですね。

結果、小林幸子さんは芸能界を干されていった・・・

 

そんな事情があったようです。
で、そこからどんな風に小林幸子さんが行動を取ったかと言うと、、、、ネットの世界に目を付けた!そうです。
ちょっとした復活劇ですが・・・

実は知られていなかったのですが、ネットの世界ではかなり有名で、「さちさち」という名前でニコニコ動画に出てみたり、豪華な衣装を着て歌っている姿の動画をアップしていたりしてたようなんです。

年末にも、年越しライブと称して、自身のどうがをアップしていたようですね。

その様子に感動したネットユーザが「ラスボス」と名前をつけてあがめ、動画などが登場すると「降臨」とまではやし立てたのだとか。

 

 

↑これ以外にも武道館ライブなど様々な動画がアップされています。

で、これが異様に視聴率が多く、ネット上で「ラスボス」の愛称が付いて、ネット界でのカリスマ化していったんだそう。

しまいにはコミケにも出場して、自身のブースを出すと、CDの購入希望者が1キロも列を作ったようですね。

 

ここまでの人気になるには、それなりのプロデューサーがいたのかもしれませんが、ちゃんとネット界やコミケでもしきたりやマナーを守って、ファンを増やしていったそうです。
ネットでのファンの多さに、当初はスタジオすら貸してもらえなかったとの逸話がある、ラスボスの小林幸子さん。
芸能界やTV界もそのネットでの人気を無視できなくなり、とうとう紅白復活!ということで出場になるんですね。

そんな事情があったとつゆ知らず・・・で、2015年はどのような衣装で登場するのでしょうか???
きっとラスボスにふさわしい衣装で登場してくれるものと思います。

約3年ぶりの復活に期待が持てますね。