マリオメーカー

マリオメーカーがイスラム国にとって暗号のやりとりをしていた。
コインの枚数が相手への攻撃と始末すべき人数など、
マリオメーカーというゲーム一つで、ここまでやるのか。

びっくりしてしまいました。

 


スポンサードリンク


オンラインゲーム

マリオメーカーはオンラインゲームとしてやりとりできます。
スーパーマリオブラザーズのようなステージを自由に作り、遊べる。
今やマリオのステージは自分で色々作って遊ぶ時代。

そこを利用してイスラム国の兵士らが、暗号として利用していた。
予想外ですね。多くの人が使って遊んでいる。
そこに盲点がある。まさか兵士らが暗号のために使っているとは思えない。

ゲームで作ったステージは無償配布されております。
それで多くの人にとっては単なるステージでしか無い。
しかし、ISILの兵士にとってはコイン野市などが重要な暗号をしめていた。

他にも戦争ゲームの場所や攻撃ポイントなどが、敵の居場所などをしえす者となっていた。
考えられませんけれど、ほんとうの話です。

 

以外にある予想外なもの

この事件は普段みんなが使っているものの中に……
まさか違った使い方をしているとは考えにくい。
しかも暗号の通信として使っているなんて。

ただマリオメーカーとして遊ぶだけでは浮かばない発想です。
こんな使い方があるんだなあと思い、びっくりしています。

みんなは普段、ただ楽しんで暇つぶしを行うためにやります。
でも、暇つぶし以外の支店から見ると、実はものすごく使えるもの。
結構あるんじゃないでしょうか?

私達が知らないだけで、例えば……古文。
古文を勉強することで、和歌を勉強します。
すると和歌をうたうことで多く人にはさっぱり意味がわからない。

しかし一部の人はきちんと意味ができる。
結果として暗号になっている。

世の中は意外とそういうもので満たされているのかもしれません。

 

スポンサードリンク