何かしらの資格を取る、大学受験で志望大学に合格する。
このとき、参考書あるいは塾の選び方が大切です。
正直、試験の内容に即した参考書ならどれをやっても合格できます。

 


スポンサードリンク


参考書や塾を選ぶ際

しかし、参考書や授業はただ一度聞いても意味がない。
何度も読んで、調べて、聞いていくうちに自分のものにしていく。
自分のものにしてもそこで満足せず、忘れさせないように復習を行う。

勉強はわかったからよしじゃないのです。
まして資格勉強はわかった後でどう使うかが問題となります。
資格試験で合格することは、その分野の基礎を必死に学ぶことと一緒です。

 

まずは「なんとなく」で決める

資格試験や参考書を決める際、まずは何となくこれよいかも。
で構いません。何しろレベルに差がないのです。
どんなに基礎的なことだとしても、基礎は教科書類を購入するとわかります。

塾も「なんとなくよさそう」で決めて構わない。
ただし、塾は参考書を購入するのと大きく違う点が一つあります。
講師の存在です。講師はさすがに人としての相性があります。
いくらわかりやすい講師だからとはいえ、相性がないとダメ。

相性を確認するためにはパンフレットを見たときに感じること。
「ここはなんとなくよさそう」
「ここはちょっと……」

人を選ぶときはまず、直感を働かせる。
そこでよいと感じたら選ぶこと。
ただ、塾には行ったら誰よりも必死に勉強し、おうちに帰っても勉強すること。

家では復習中心で、学校で習うところは予習中心ですね。

 

参考書はわかりやすすぎるとダメ

参考書を選ぶときはわかりやすすぎるとかえってダメ。
と言いますのも、わかりやすすぎると「理解したつもり」になりやすい。

参考書において大切なことは理解することだけではありません。
自分できちんと参考書に書かれている内容を説明できることです。
資格試験に問われる項目は大半が参考書に出ている内容を自分の言葉で言えるかどうか。

だから練習問題を通し、必ず参考書に書いてある内容を紙に書く。
手が勝手に動く、言葉から勝手に出る状態まで何度もやること。

気になった部分は後回しにしながら、空いた時間で突き詰めるのもあり。
参考書はわかりやすすぎると、書いてある内容を見るだけで満足しがちです。
参考書に書いてある内容を理解すると、練習問題の出来にも比例します。

ぜひ気合い入れて参考書に取り組んでみてください。