子供にタバコをを吸わせて逮捕された人たちがいました。
なぜ子供にタバコを吸わせてはいけないか、わかりますか?
法律で定められているから吸わせてはいけない、じゃあありませんよ。

きちんと知って、たばこが子供に与える影響をつかむこと。
同時に子供の前で絶対に吸わないよう気を付けてほしい。

 


スポンサードリンク


今は問題なくとも……

タバコを吸うと基本、目がかゆくなりやすい。また、肺にも影響を与えやすい。
私の知り合いに肺が悪い人がいます。彼はたばこが大好きです。

肺に悪いとわかっていながらも吸うのです。
なぜならストレス解消になるから。私はたばこを吸いたいと思わない。
タバコのどこがいいんだとむしろ思うほど。

ただ、お菓子は大好きでよく食べます。
それでも体に冷えや湿疹といった形で影響が出たため、やめました。

それは置いとき、タバコを吸うと妊婦中の女性への影響はもちろん……
ご自身の健康管理にも悪影響が出ます。
今は出なくても年を取ると、確実にブレーキとなって働くのです。

 

タバコを止めるなら病院へ

なお、私のもう一人の知り合いがいます。
彼は病院で知り合いのお見舞いにいったところ、すんなりやめた。
それまではよくタバコを吸っていました。

しかし知り合いの親父さんが心臓の病気にかかっていた。
お見舞いに行くと、心臓の病気で苦しんでいる人たちがいた。
その中にタバコの吸いすぎが原因で苦しむ人が多かった。

その姿を見て、彼は自分の未来を考えたのです。
「ああ、自分もタバコを吸いすぎるとこうなるのだな」
すぐさま彼は禁煙したそうです。

誘惑は何度かったそうですが、病院で見た光景を思い出すと……
吸いたいと全く思わなかった。
だからタバコによってどんな病気にかかるのか。

病院で見学をすると、健康について死ぬ気で考えると思います。

 

害となるものを予防する

ここではプラセンタなど、お体を支えるサプリメントなど紹介しています。
でもいくら体を支えるといっても、体を壊すようなものを食べる。
あるいは飲むと意味がありません。

危険なものを予防するだけでも、命に関わるリスクは減ります。
命に関わるものほど誘惑は強いので、負けないでくださいね。

スポンサードリンク