顔のたるみをとる、顔のたるみを解消する方法ということで、様々に化粧品をためしてみた管理人が化粧品や化粧水の注意点をお知らせしますね♪

これを知っておけば、お肌がきれいになって、シワやたるみも解消しますので、怖くないですね。また、若い!と言われることが多いので、あなたの人生や仕事にハリが出ますよ♪
もうトシだから、なんて諦めないで、よし!と思うかたは読み進めてみると良いですよ♪

まずは顔の弛みの原因は何でしょうか?
加齢や紫外線など言われますが、やはりあなたの肌の保水力が低下したわけですね。
肌が乾燥してカサカサになって来ているのでたるみやシワが出来てしまうのです。


スポンサードリンク


そのために、顔のたるみの対策は、まずは保湿!ということで、化粧品を選ぶと良いです。
最近では様々に保湿やアンチエイジングをテーマにした化粧品が出ているので、そう言ったものを選ぶと良いですね✨

その中でも顔のたるみやほうれい線が気になる場合は、プラセンタ配合のものやセラミドが入ったものがオススメです。

ちゃんとしたものを選ぶことで、管理人はエステサロンを経営しているのもありますが、マイナス15歳肌♪を実現していますよ♪
ふつうにちゃんとした化粧品を使用すれば、マイナス10歳肌くらいはフツーに行けちゃいますよ♪

ところが、こういった化粧品を使用するにもコツというか、注意点があります。

それは、

化粧水を塗ったあとはクリーム、美容クリームなどで保護することです。
化粧水だけですと、補った水分量以上に乾燥するときに水分を奪ってしまいます。

オールインワンゲルとかは悪くは無いのですが、人によってはというか年齢が高い場合や、乾燥やシワがひどい場合は、ちゃんと化粧水と化粧クリームを使用したほうが良いですね。
これはオールインワンジェルの場合、リンスインシャンプーみたいなものだと思ってもらうと良いですね。
やはり水分といっしょにアンチエイジング成分をいれて、この後に油分、昔は乳液と言っていましたが、クリーム状のものでコーティングするわけですね。

化粧水、化粧品を顔に塗るときも気を付けたいものです。
ゴシゴシと皮膚を伸ばすように擦るのは止めて、基本は顔のしたから上に、リンパに沿って流すのを心がけたいですねー

また、洗顔もお湯で洗うのは止めて、水か人肌程度のものを使用することです。
お湯ですと、必要な皮脂まで洗い流してしまい、潤いを落としやすいです。

こういった部分を完璧に行うのは難しい、という場合はエステサロンなどで定期的にケアするのもありですね。

管理人のサロンでは低価格な使いやすい値段で、ちゃんと結果が出るエステコースを提供していますよ。