水

アンチエイジングこと、老化防止をするために化粧品に注目する人は多いのです。
でも外からアンチエイジング対策するだけじゃもったいない。
内側もきっちり考えておくとよいのです。

内側において盲点となるものが水。そこで水について述べていきます。

 


スポンサードリンク


水の中にあるミネラル

アンチエイジングを目指すならミネラルを含んだお水が良い。
アースウォーターというサイトにお水比較があります。

お水を比較するうえで、ミネラルを含んでいるかどうか?
体をさび付かせる「酸化ストレス」を減らすことが、老化防止につながる。
活性酸素を除去する方法として、内側に気をつかっておくべきです。

ただ、活性酸素を除去するお水は水道水にはほとんどないため、ミネラルウォーターを頼むしかないのですね。
もちろんミネラルウォーターはペットボトルなどで販売されています。
ただ、ボトルの水の中には単なる水道水を加熱消毒して入れただけ。
という話も聞くため、より安全で老化防止を行うミネラルウォーターを注文するなら、サーバーを頼んだほうが良い。

もちろん、老化防止なんてあまり気にしていないなら注文する必要はありません。
ペットボトルの水か水道水で十分だと思います。

 

食事や運動、睡眠で作られるミネラル

ミネラルは普段の生活態度でも作ることができます。
ストレスは全くないのも問題ですが、ありすぎるともっと問題になります。
最低限のストレスを緩和するために試行錯誤する。

そのために運動や睡眠は欠かせません。
化粧だけで老化防止に目を向けると、どうしてもほかの部分がおろそかになります。

普段の生活をなるべく管理することが大切。普段の生活ほど甘えが出やすくなります。
病気を通して初めて甘えから脱却するのです。

反対に言えば、病気になるまで不健康な生活を送っている可能性がある。
だからこそ普段から意識していれば、なるべく病気を回避することができるでしょう。

しかし、病気の中にはなるまで気づかないものもあります。
また、仕事などによってわかってはいるんだけど、どうしようもない場合もあります。
そういう時は環境を変えることをお勧めします。

もちろん、環境は職場を変えるといった物理的なもの。気持ちを入れ替えるといった精神的なもの。
とくに精神的なものは「辛い」という言葉を封印する。「楽しい」と言葉に出して必死に働く。

そのうえで心が限界まで辛いとき、転職を考える。といった具合に環境を変えてみることを薦めます。

 

アンチエイジングを日々行おう

アンチエイジングは気にすることで、防ぐ場合もあります。
ぜひお肌のみならず、日々の健康を含めてアンチエイジングを行っていきましょう。
そのはじめとしてお水を変えてみること。