反日

韓国でこんな事件がありました。
舞台を上映するとき、中学生がエアガンを乱射した。
銃弾はBBなので死傷者は出なかったものの……スタッフにあたり、大ごとになった。

 


スポンサードリンク


反日教育

恐ろしい事です。韓国は基本、何かあると反日教育を行います。
そうすることで多くの市民を目くらましできるからです。
また、政治の失敗を日本に押し付ける効果もあります。

反日教育の一つにテロリストを英雄扱いする項目があるのです。
靖国神社似て逮捕された韓国人がいますね。
彼はもう一度日本にやってきて、再び靖国に爆弾を仕掛ける予定だったとか。

韓国政府が「顔写真を公表するな」と抗議したのですが、こういうのを見ると、韓国政府、あるいは韓国のバックにいる中国。
日本を争いに巻き込ませたいのかと考えてしまうのです。

 

教育とは?

その話は置いとくとして、問題になっている部分は教育。
教育を一つ間違えると、犯罪者を生み出す結果となります。
人間は親や教師などからいろいろ教えてもらい、育ちます。

その際、親や教師が人に憎しみを植え付ける教育を行うと、子供は憎しみを抱いて成長します。
反対に愛する教育を行うと、愛する子供になりやすい。
といっても、教育も一筋縄ではいかないので大変です。

 

日本の教育は他人まかせ?

問題を起こす子は一定数います。
最近の特徴として、親による教育の放棄が挙げられます。
教育は先生の仕事。親は子供を愛してあげるだけ。

でも愛する中に教育が含まれていない。
子供のマナーや道徳を決める一つの要素として、親の行動があります。
子供がいけないことをしたら、親としてきちんという。

この行為って本当に必要です。親として子供から逃げないこと。
子供から逃げる一つの要因として、気持ちの上で負けていることが挙げられます。
子供は成長すると、子供によっては怖い存在となりがち。でも親がビビっていてはダメなのです。

親として将来の子供のことを考えるなら、きちんと教育しておくこと。
今回の事件で親としてどこまでできるか……不安になりながらも思いました。