英語って勉強しないといけないのでしょうか?
私はそんなことはないと思います。何しろ翻訳機能がついています。

話をしてわからないときは、ジェスチャーを使えばいい。
ただ、英語がわかっていると会話がスムーズになります。
スムーズになるとストレスもたまりにくくなるので、やらないより流行ったほうがいいですよ。

でね、別にやらなくてもいいと考えているのです。

 


スポンサードリンク


日本人だからこそ陥るわな

日本人が作る商品は基本、精度が高い。
外国からすると「ミリ以下でもきちんとそろえるってやりすぎでしょ」
突込みが入るほど、精度がものすごく高いのです。

日本人気質は同時に弱点もあります。
英語において「完璧で相手の言葉がわからないといけないんだ」
精度の高さを追い求めすぎて、英語ができないといった錯覚に陥るのです。

英語を勉強する際、中学英語だけは最低つかんでおきましょう。
中学英語を勉強してある程度、内容がわかれば英語はできていますよ。

日本人として、何でもかんでも完璧にやらなくちゃ。
という気持ちが英語需要をもたらしているんじゃないか。私は考えているのです。

 

健康も気になりすぎると弊害が

日本人は精度について気にしすぎてしまい、心を壊すこともあります。
健康だってそう。うつが日本で流行る理由の一つもこだわりすぎるからです。
だからと言って悪いわけじゃないんですよ。

こだわりすぎたおかげで、技術が進んでよい時代が来ているのですから。
ただ、何でもかんでもこだわりすぎると……心を壊します。
英語も同じで、完璧にやる必要はないのです。

最低でも中学英語をやっておく。その後は翻訳機や翻訳者におまかせする。
深く考え込んだらダメです。

 

大学教授らが言う不要論

大学内でも英語は使わなくていいんじゃないか?
という意見が多いそうです。中学英語は会話用、高校英語は論文用に使われます。

英語が話せない、話ができないから自分はどうしようもない。なんて思わないでくださいね。
中学英語を勉強していれば、後は相手におびえさえしなければ、話はできますから。

スポンサードリンク