馬

昨日、久しぶりにある番組が見たくて夜更かししました。
夜中2時に寝ました。起きたのは朝5時。
いつもなら朝7時ごろに便が出るのですが……全くでなかった。

手足はものすごく冷えているため、思いました。
「ああ、内臓は不規則な生活を嫌うのか?」

 

便秘を少しでも防ぐ手段

もしあなたが便秘状態でひどいなら、今から述べることを試してみてください。
一つ目は早めに寝ること。寝る前にストレッチを行って、体をほぐしておくといいですよ。
便秘の基本は腸内の内臓運動が滞っている。

そこでストレッチなどを行って腸内に刺激を与えます。
すると、寝ている間に腸内運動がより活発になっていくのです。

寝る際は隙間風を入れず、ストレスをためないようにする。
眠れない場合はとりあえず目を閉じて休む。
目を閉じるだけでも眠っている状態と同じです。

体を温める手段として、寝る前にプラセンタを服用しておくのもいいですよ。
(効果、代謝を促進してお肌の調子を整え、内臓の働きを強める)

 

体をいかに冷やさないか

普段から体を冷やさぬようにするために、定期的に体を動かしましょう。
座り仕事ならストレッチでもいいから、1時間に1分はストレッチに費やす。
あるいは深呼吸を常に行う。

後は冷たいと思われる食べ物や飲み物をなるべくとらない。
温かい食べ物を基本、心がける。後はリズムを心がけておくといいですよ。

生活リズムをなるべく崩さないようにすると、腸内にストレスもかかりません。

 

精神的ストレスをどうする?

一つ問題があるとすると、精神的なストレスです。
基本、自分の気持ちを抑圧し続けると便秘にもなりやすい。
そこで抑圧を解放するために、自分にとって何がストレスか?
どうすれば解決できるか?

解決はすぐ思い浮かぶと思います。
ただいつまでも体内にため込んでしまうことが問題です。
そこで紙に書いて、心に思うことをすべて吐き出しましょう。

吐き出すだけでも「ふわー」っといい気分に浸れます。
体内にため込むから便秘にもなる。
なるべく吐き出して空っぽにしておくことが一番いいですよ。

 

リズムを戻そう

最後にリズムはなるべく保っておくようにしましょう。
常にアウトプットを行い、積極的に体や頭を動かす。
冷えを防ぐため、午前0時になる前になるべく就寝する。

質の良い生活がお肌や健康を保ちます。
ぜひ今日もいい気持ちでお仕事などに取り組んでくださいね。