プードル

仕事であれ趣味であれ、新しい事に挑戦するというのは面倒です。
同時に覚えることもいっぱいあって大変です。しかし、楽しい。
楽しむコツってどこから来るのでしょう。

 


スポンサードリンク


わくわくするには?

人間って新しい事に取り組むとわくわくできるものです。
しかし、マンネリからすると楽しいことが見えなくなり、つまらなくなります。
なぜか、自分を反省しないからです。

日々自分の行為を振り返る。そこから新しい課題が見つかります。
一言でいうと「科学」を持っていないからつまらなくなるのです。

科学は実験と検証で成り立っています。
日々仕事に関する何かを実験として、次に生かすために何かを得る。
癖をつけていかないと、仕事はただお金を得る手段になります。

別に仕事はお金さえ得れば、いいと考えてもよいのです。
しかし、人生で考えるとこれほどつまらない生き方もありません。
少しでも面白く生きるにはどうすべきか?

 

 いつの時代も苦しい

いつの時代も生きることは大変で苦しいです。
テレビを見て「あの頃はよかった」思っても、あのころに戻ると辛いでしょう。
じゃあ苦しい世の中をどう変えていくか?

ここで自分を見る必要があります。
世の中や環境がどうだろうと自分の心が曇らない限り大丈夫。
私も師匠にここを教えてもらいました。

外がどうだろうと、自分が曇っていなければ大丈夫。
反対にどれだけ周りがハッピーな世の中だろうと、自分が曇っていると地獄。
自分がどんな状況であれ「面白いな」考えると面白くなるのですね。

いつの時代だって苦しい情報ばかりはいってきます。
でも苦しいと思っても自分の心はたいした苦しいと感じていない。
気づいたほうがいいですよ。苦しもうとしている自分がいるってことを。

 

新しいことはワクワク

新しいことは本当にわくわくするのです。
不安も同時にあるけれど、楽しさを追求すればするほど、毎日が面白くなります。
面白さを追求し、ぜひ自分なりの価値を付けていきましょう。

面白い事の追求こそ、他人から見ると「うらやましい」感じる内容なので。