セールスマン

若手社員から「30代になるともう老害」扱いされているそうです。
30代になると20代では味わえなかった体験を味わいます。
だから20代とは違った視野で物事を観る……と思ったのですが、どうも違うようですね。

 


スポンサードリンク


もういらない30代

30代で20代より仕事ができていないのに、威張り散らす姿だけは一人前。
同僚や若手にすら差をつけられているのに、新入社員に対してあれこれアドバイスする姿。
老害ができる要因として、会社は日々生まれ変わっています。

会社だけじゃありません。世の中も変化しています。
適応していかなければならないのですが、老いて(置いて)いかれる。
結果、置いていかれた自分を認められずに「自分の考えが正しい」感じること。

これは誰だってあることです。自分の考えが他人に否定されると、むっとするものです。
相手は「いい事」をぶつけているのですよ。

ただ言われたほうは腹が立ちます。
「そんなことわかっている」「あんたに言われたくない」
こういった気持が出てくる。

若い時ですら出てくるけれど、何とか耐えれるのです。
だんだん年を取ると、若い人に言われるとむっとするのです。
私も10歳下から時に「事実」を言われます。

たとえ相手の指摘があっていても「むっ」と来るものです。これはもう仕方ない。

 

老害を受け入れる

老害だなあと自分を受け入れると、案外気が楽になります。
私も20代に比べると、考え方は広がったなあと思います。
20代に考えていた甘い思考は20代後半ですべてぶちのめされました。

結果、辛い考えも取り入れていかないと生きられないことに気づいたのです。
だから10歳下の人間に「事実」を入れれてむっとしても、反論しません。
同じように10歳上の人間に「事実」を言われてむっとしても、反論しません。
彼らには彼らなりの見方がある。

同時に私には私なりの見方がある。
こういった衝突を通し、お互い考える機会を得ます。
自分は老害がかもしれない……と思うより「すでに老害だな
思ったほうが、色々と新しい自分に変えられるのではないでしょうか。

 

居づらいなら転職を考えてみて

今いる場所が辛いなら、転職を考えてみましょう。
転職すると、新入社員と同じ気持ちになって、老害でなくなるかもしれません。