神社

在日韓国人限定、高齢者の施設「故郷の家」を建てるそうです。
その際、ソウル大の教授が述べています。

日帝時代に徴兵・徴用された多くの在日韓国人1世代は、まだ異国の地で恨を抱きながら暮らしている。

韓国は恨の文化と呼ばれておりますが(マルハンもそのひとつ)
恨みばかり情報として入り、感謝の心がないと、恐怖を覚えるのです。
そこで「感謝」について深く見ていきましょう。

 


スポンサードリンク


感謝ができない

多くの人は今起きていることに対し、感謝よりも恨みつらみ、愚痴を先に述べます。
私も人のことは言えません。自分にとって嫌なことが起きると、恨みが募ります。

しかし、そういう時だからこそ「ここに気づけた、ありがたい」
感謝をすることで、気づけない部分に気が付くのです。

嫌なことが起きたときほど、腹立つ部分はあれど……
「でもここに気づけて良かった」と感謝することで、運気が開けていくのですね。

 

 弱ると感謝、元気だと

インフルエンザや風邪などをひいたことはありませんか?
基本、病気になると体が弱ります。

その時初めて「健康のありがたさ」に気づかされます。
風邪をひいたとき、サポートしてくれた人に対し、以下の考えを持ちます。

感謝もして恩を返す。

その場では「感謝」するけれど、我欲優先で「恩をあだで返す」行為に向かう

感謝もしないし当然だと思う。

弱ったときほど人間の弱さもみえます。このとき、最も良い選択肢と最悪な行動はなにか。
私が言わなくてもわかりますよね。

 

あだで返す場合、今はいいが

精神世界や人間関係で見たら、恩をあだで返しても、その人は今まで通り付き合うだろうと考えているなら、大きな間違いです。

確かに人間に感情がなく、利得を考えるロボットなら、
「それはそれ、これはこれ」でお付き合いするかもしれません。

しかし人間には感情があります。
一度裏切った人間に対し、今まで通りの対応をしようと思いません。
反対に恩を恩で返す人間には魅力が大きくついて回るでしょう。