さかな

あなたは自分自身の行動や思考を変えることができますか?
簡単だと思います。例えば今まで桜餅が嫌いだった私。
食べてみようという気持ちになり、食べてみる。

見事、行動を変えました。しかし、大きな問題はこの後です。

 


スポンサードリンク


桜餅、翌日も食べられる?

桜餅を翌日も食べることができるか?
1か月後、3か月後……食べることができるか?

桜餅を「あなたにとって変えたい価値観」に置き換えてください。
すると、すぐ考えは変わるのです。しかし、数日たつと元に戻ろうと働いてしまう。

なぜなら今までの考えが必死に抵抗をするからです。
今までの考えで良かった部分を投げ捨てることで、今までの自分が間違っているんじゃないか?
潜在意識が今まで通りの行動をしないから、ストレスがかかるのです。

 

新しい考えや行動になれるには

紙に書くことです。なるべく紙に書いて、引き出しにしまっておく。
そのうえで「自分はこれをする」「あれをする」言い聞かせながら、すぐさま実行する。

紙に書いて実行する目的は一つ、潜在意識に新しい考えを入れること。
潜在意識が前の状況に戻らぬよう、自分に教育すること。

人間は新しい考えに向かっても、知らないうちに元通りになろうとします。
元通りが気づかないところで行われるから厄介です。
だから意識している部分で自分を変える。

すると気づかない間に戻ろうとしても意識が勝ります。
毎日続けることで、考えが大きく変わっていく。

でも、気を抜くとどんどん書かなくなっていく。
すると徐々にまた元に戻ろうとしていくのです。

 

頭の中にある常識を壊してみよう

自分にとって新しい行動や考え方をする。
言い換えると「自分の中にある常識」を変えていくのです。
常識はあなたの頭の中で思い描いているものです。

それを一度否定してみる。桜餅の例に戻ります。
桜餅が嫌い→桜餅が大好きと変えてみる。
すると、少しだけ考えが変わったような気がしませんか。

この「気」を大切にしておくといいでしょう。