和だ

デジモンなどで知られるアニソン歌手の和田光司さんが、がんでお亡くなりになられました。
ご冥福をお祈りいたします。

ところで、がんといえば「二度と治らない病気」と考えている人もいるのではないでしょうか。
がんは「悪性の腫瘍」であり、常に作られています。

 


スポンサードリンク


免疫があるからガンも抑えられる

私たちは常に新しい細胞が生まれ、死んでいます。
生まれる細胞の中に「悪性」主要をもたらす細胞が生まれる。
それが「がん」となります。

がんは常に作られるけれど、同時に免疫が強いとガンはいたずらせずに消えます。
免疫力が下がると、がん細胞が悪さをしても抑えられないのです。だから病気となってしまう。

 

ガンを抑える生活を心がける

「もしかして私、体に無理をさせ過ぎでは?」
思ったらまだいいのです。体を振り返る機会を与えられたから。
そこでどんなことをすればいいのでしょうか?

一つは健康的な生活を心がける。
その一つに代謝を上げて免疫を上げる。
免疫を上げることで、がん細胞を抑えられる。

その一つにプラセンタがあります。
プラセンタを毎日服用すると、代謝が良くなり免疫力も高まるのです。

私は一時期、水疱瘡にかかって体が弱ったとき、知人がプラセンタを紹介してくれました。
それを飲み続けること2日、体力が戻ってきたのですね。
飲まなくてもよかったかなあ……思うところもありますよ。

でも飲まないより飲んだほうが早く治る。
「時間」で見ると、早く治ったほうが活動もしやすくなりますね。

プラセンタについてはこちらを参照

 

 睡眠も大切に

睡眠時間や質も大切です。睡眠をとるタイミングは体が知っています。
でもなるべく午前0時に入る前に寝るといいですよ。

お仕事の都合上無理なら、リズムを自分で意識しておきましょう。

 

普段の生活も気を付ける

普段の生活態度も免疫力に大きく影響を与えます。
とくに精神的な重圧。これが大きなストレスとなり、免疫力低下にもなります。
だからこそ、ストレスを緩和できるような対策を取っておきましょう。