うざいも

産経新聞に掲載されていたニュースに、
うざったいこと、気持ち悪いこと、気持ち悪いといった状態を、
すべて「きもい」ですますのだそうです。

言葉は思考に結び付きます。
より本質をしると、言葉も複雑になっていきます。
しかし複雑は「細かい用途」に分かれて使わねばならず、面倒です。

だから多くの部分で共通する事柄があった場合、一言で済ませます。
でもこれは危ない方向です。

 


スポンサードリンク


時と場合によって言葉を使い分ける

例えば神社でお参りするとします。
このとき「ありがとうございます」「いつも感謝をしております」
感謝する言葉が思いつか鳴ったとします。

それで「サンキュー」ですます。
さすがに「サンキューは違うんじゃないか?」
思う感性が必要であります。

しかし「いやいや、別にありがとうという気持ちをもって参拝するんだ。
サンキューだろうが、どうも、だろうがなんでもいいんじゃね」

その気持ちで何でもかんでも接すると、いざというところで恥をかきます。
恥をかいて勉強するならまだいい。
でも「あいつが間違っている、別にこれでいいじゃないか」
思い、勉強する機会を自ら放棄すると、また同じ間違いをする。

 

言葉と思考

見るという言葉一つをとっても、見る、観る、眺める……
いくつかあります。どれも「見る」に変わりない。
わからない場合は「見る」で片づければいいのです。

しかし、見るといっても「相手の本質を知る」場合、見るより観るが適切です。
この場合の「観る」は「観察」がもととなっています。
また、見るでもぼーっと見ているなら「眺める」という言葉を使うといい。

このように「みる」という一言でも「何を」「どう」扱うかによって、言葉の使い方は分かれます。
でも「見る」ですべてを済ませると、「何を」「どう」扱うかなど考えない。
すると、思考もより複雑に物事をとらえられないのです。

 

世の中は複雑である

世の中は複雑に動いています。
そして複雑な仕掛けや罠が用意されている。
彼らにとって「単純にしか考えられない」人たちは、まさにひっかけやすい。

複雑に考えると「疑う能力」を持ちます。
よって騙されにくい。騙されれば、あなたが築いたものをすべて奪われる。
そうならないよう、言葉に気を付けてみてください。

スポンサードリンク