さかな

私は一つのビジネスをやっています。
ここ数日、売り上げが出ずに考えていました。
出るときは何もしなくても向こうから入ってきます。

しかし、ある日を境にぴたりと止まりました。
どうして止まってしまったのだろう?

そこで観察をすると、ある事実に気づかされたのです。

 


スポンサードリンク


神様の流れに沿っているか

お金の流れが止まるとき、神様の流れに沿っているかどうかが問われます。
神様は「楽しい」ことを求めています。

そう、あなた自身が楽しいことをしなければ、神様の流れに逆らってしまうのです。
楽しいことの正体は「え、こんなことをしてもいいの(犯罪はのぞく)」

例えばこのブログを読んでいますね。
ここであなたとお電話をする。という「何それ」はありなのです。

「でもそれをしたらいけないよなあ」と、自分で勝手に制約を決めてしまう。
すると神様が向かいたい流れをぴたっと止めてしまい、お金の流れも止まります。

 

制約の正体

成約の正体は「今までの常識」です。
常識は世間の考えのみならず、あなた自身の思い込みもあります。

これに従ってしまうと、流れが一気に止まります。
あなたに求められているのは「今までの常識」に縛られるな。
単純ですね。でも今までの常識はとても強いから、なかなか打ち破れないのです。

 

楽しいことをやろう

「これをやったら面白いのではないか?」
と思ったことをどんどんやってみる。

ほとんどは失敗に終わるでしょうが、ただ失敗するだけでは物足りない。
「いや、これをやらないよりはやってよかったのだ」と、やった理由を作る。
そうすると、次にまた楽しい考えを思い浮かべるのです。

まとめると、
・自分に制約をかけてしまうと、お金の流れは止まる
・制約の正体は「今までの常識」
・制約をぶち破れば、流れに沿ってまた進む

さあ、あなたはどちらの人生を歩んでいくのでしょうか。
お金の流れを止めたくないなら是非、常識をぶち破ってみてください。