黒子

広告をきちんと読む人って、1000人中1人がいればよい方です。
広告の品といった、お店に関するチラシなら「値段の比較」によって真剣に見ます。
しかし美容系、ヨガ、アロマセラピーなど、食料といった生活必需品に困らないものは、本気で見ようと思いません。

今は商売もお金があれば気軽に始められます。
しかし気軽に始めても、常に顧客を集め続けたうえで、リピーターにしていかねばなりません。
1日でも怠けていたら、怠けた分の制裁が待っています。

オーナーはビジネスを考えることなく1日中遊んでいるように思えます。
仕組みを作ったから、ある程度は遊んでも大丈夫なわけです。
けれど、考えはいつもビジネスのことばかり。

どれだけ休んでいようと遊んでいようと、ビジネスチャンスが訪れたら、すぐに他の遊びを切り上げ、すぐにとりかからねばなりません。
チャンスは、わずか一瞬に訪れ、このときのひらめきを片時も離さずに捕まえておかないと、逃してしまいます。
チャンスは何度も訪れるから、その一つ、二つを逃さないようにすればよいのですが……

ところで「日常生活に今すぐ必要でないもの」を広告として載せる場合、頭を使わねばなりません。
頭を使って「反応率」を上げなければなりませんね。

反応率を上げたとしても、広告費が高いとためらってしまうこともあります
そこで少しでも抑えたいと考えているなら、月1万円程度で広告を出せるサービスがあります。
(初期費用含め、最初は3万円)

月1万円といっても、月々の出店維持費はかかりません。
また「エージェント」と呼ばれる存在がいて、彼らが積極的に「口コミ」を起こすよう、黒子として働いてくれる
もちろん「属性」があっていなければ訪れません。

ない人でも「このお店のこういうところが良かった」と言ってくれれば、人はそこに興味を持ちます。
(全員ではありません。一部です。でもその一部が良いのです)

意図的な口コミから、あなたが提供するサービスを通して、本当に口コミが起きる。
口コミが起きるかどうかは「おもてなしの心」と「商品の質」によります。
特に商品の質がその人が求めるニーズとあっていないと、

「あのお店、また食べに行きたいな」思いません。
いくらサービスが良くても、商品の追求は怠らないようにしましょう。

そこができていれば、最小限の力で最大限の顧客を手に入れる。
今すぐ申し込んでみたい、もっと詳しく知ってみたいならこちらをお読みください。

記事:広告費(フリーペーパー)の裏技、30万円が月額1万円ほどに下がる?

 

スポンサードリンク