犬

とある医師が「貧乏人はペットを飼うな
ツイッターで述べたそうです。

賛成意見と反対意見、どちらも出たのですが…
私は「買わないほうがいい」です。
といいますのも、経済です。

育てられるならいいのですが……無理なら買わないほうがいい。
自分の経済範囲内でペットも養えるなら購入したほうがいいです。

 

広告として優秀

貧乏人はペットを飼うなとはっきり言いきる。
結果として賛否両論が沸き起こる。
広告としては最適です。

何しろ人の心を動かしたのです。
「人の心」を動かす言葉。

これができれば、最低でも興味を持ってもらえるでしょう。
ではどうやって「心を動かす」のか。

 

人を煽ってみる

この広告は人を煽っていますよね。
「貧乏人はペットを飼うな」

正論だけど、反論もしたくなる。
そういう意味で広告として興味を引きます。

もちろん商品がある場合、例えばクリスマスにケーキを商品として出すなら、
「サンタクロースにケーキをやるな」とか、
「子供よ、サンタなんていないんだぞ」と書いてみるとか。

とくに後者は「サンタはいる」と信じている子供に衝撃を与え、炎上するでしょう。
さすがにやりすぎると、ただ炎上して負の広告につながります。

ある程度の線引きも必要となります。

 

不満を形にする

米国大統領のTさんは米国民が抱く不満を思いっきり声に出しました。
だから彼の言葉はほかのどの候補よりも響いたのです。

だから不満をきちんと書く。
ケーキの場合なら、

「クリスマスにケーキってうんざりだよ」とか。
(私はそう思いませんが、そう思う人もいるでしょう)

なお、広告を出すとき、どこに出すかも重要です。
基本はチラシを使ったり、ネットを使うのですが、こんなのもあります。

お店

記事:激安で広告を出すサービス

少しでも広告費を浮かせ、他店と相互紹介すると報酬をもらえるのです。
報酬を別な広告費に回せます。

また「エージェント」と呼ばれる人がいて、彼らが裏から口コミを行ってくれます。
ぜひ使い、お店をうまく回していってください。

スポンサードリンク