三島

本屋で三島由紀夫氏に関するエッセイを読んでいました。 三島由紀夫氏といえば、最後は自衛隊駐屯地に立てこもって…… もありますが、金閣寺といった小説を書き、言葉の使い方に美と危険が混じっている。・・・